「離婚したい」と口に出す|京都・大阪・滋賀の浮気調査

探偵−京都・大阪・滋賀の浮気調査

トップに戻る


■「離婚したい」と口に出す

口に出して「離婚したい」と言い出したとき、事前から何か怪しいことに気付いていれば、浮気、不貞があると想像はつきますが、全くノーマークで、ただ、以前からすれ違いや価値観の違いからくる性格の不一致を感じている場合は、すぐには「浮気相手がいるな」とは考えが行き着かないものです。

私たち探偵業界のものからすると、離婚を口に出し始めるということは、経験上、浮気相手がいるという可能性を感じざるを得ませんので、「自分も前からそう思ってたし、いいかあ」程度に思ってしまうと、後に後悔を残しますので、即答や早い段階での合意は避けた方がいいと思います。

また、答えをはぐらかしたり、先延ばしにしたときに、早く答えや同意を求める場合は、相手との仲を進展させたいと考えていたり、相手に離婚を迫られていたり、また、結婚していることを隠していたり、浮気相手との関係が微妙なものになりかけているような場合も多く見られます。注意して観察してみてください。

【浮気調査に関する問合せ】


友達に紹介する
パソコンで見る
お問合せ先
メール


(C)2017 探偵さんドットコム