その他のバックナンバー





探偵さんの報告書の切れ端
上巻 P270




探偵さんの報告書の切れ端
下巻 P180




探偵さんの報告書の切れ端
季刊春号 P125




探偵さんの報告書の切れ端
季刊夏号 P71




探偵さんの報告書の切れ端
季刊秋冬号 P69



お買い求めは、以下の書店で


dex-one.com


パピレス


Bitway books




とりあえず1冊買うと、
続きが読みたくて、
読みたくて読みたくて
仕方がなくなります。

暇つぶしにもってこいっ!
安いから、買ってね〜

トップページメールマガジンバックナンバー>004

メルマガ版「探偵さんの報告書の切れ端」


メールマガジンバックナンバー

 vol.004 幸せの黄色いハンカチ



http://www.tanteisan.com/magazine/
────────────────────┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
                    ┗━━━━┓  報告書の切れ端 ┃
■CONTENTS                    ┗━━━━┓     ┃
□vol.004 幸せの黄色いハンカチ              ┗━━━━━┛

 *このメールマガジンは等幅フォントでお読み下さい
─────────────────────────────────────
 12月は気忙しいですね、バタバタと。ちょっと配信が遅れましてすみません。

 先週の某日、京都地裁某法廷。午後からの審理で、証人尋問が行われていた。証
人は証人席をパーテーションで覆われて、まずは検察側の質問に答えている。声は
すれど姿は見えず、声の感じからは40才代の主婦と察する。

 この事件の罪状は、監禁致傷、住居侵入、器物損壊などで、証人の後ろに20才
代と思しき被告人が座り、落ち着かない様子で周りを見渡したり、髪の毛をかき上
げたりしながら、この証人と検察官のやり取りを聞いていた。

 色々と質問を聞いていると、大体の事件の外形が見えてきた。まず今回の被害者
は、この証人と娘のようで、昨年から被告人と証人の娘が付き合いをしていたが、
ある日、娘から別れを告げたところ、被告人が執拗に携帯電話にメールや電話をか
けたり、証人と娘の自宅に勝手に入ったりして、ついには娘が警察に相談するよう
になり、事件となったようだ。

 検察官は30才代の女性検察官、弁護士は50才代の話しのわかるような感じの
男性で、検察官の質問は、証人の娘と被告人が別れ話のもつれから、被告人がスト
ーカー的な行為へとエスカレートし、恐怖感を感じたようにと話しを持っていって
いるようである。

 証人の顔の表情がわからないので何とも言えないが、この証人の声からは、被疑
者に対する恐怖心や不信感のようなものがうかがえ、それを半ばあきれたような態
度で聞いている被告人の態度が対照的だが、弁護人側の質問に変わると、その態度
がなんとなくわかる気もする。

 弁護人の質問は、証人の娘と被告人の付き合いについてのものが中心で、そのや
り取りから、二人が付き合っていた時には、夜の仕事を終えた証人の娘を、被告人
が自宅まで送り届け、翌朝まで証人の家で寝ていることもしばしばあったようだ。

 証人の家といっても、自宅は3階建てで、娘の部屋は1階にあり、夜中に帰宅す
ることで証人や家族とは直接顔を合わすことはなかったようで、玄関に男性物の靴
があったことで、娘の彼氏が泊まっているということが間接的にわかっていたらし
い。

 被告側は、以前から自宅にも出入りしていて、それなりの付き合いをしているの
で、今回の「住居侵入」などの罪で起訴されることが納得いかないと言いたげで、
被告人席でも事の重大性を全く感じず、被告人らしからぬ不遜な態度でいるのだろ
うが、昨今のストーカー事件と言うのは、そもそもこういうところから始まる問題
であることはいうまでもない。

 ……なんつうんでしょうかね、別れたのに、また、別れたはずなのに、ひつこく
付きまとうというのは、男女の内でもどちらかというと男性の方に多いような気が
仕事柄感じるときがあります。どうも女性と言うのは、男性が思ってるほど、過去
に付き合っていた男性には存念がないようですが、それをわかっていない男性の多
いこと多いこと。

 ところが逆に男性の方は「あの女はオレがいないと駄目なんだ」とか「オレに力
が足りなくて、引き止められなかった」なんて真剣に思ってたりして、付き合って
いた昔の恋人がいつまでも自分のことを想い続けて、それが原因で幸せをつかめて
いないなんて思い込んでいる人が多いと感じます。

 それって小説やドラマの中で美化されて演出されていることを自分に置き換えて
妄想してるだけで、実際の女性の概念とは大きく違うような気がするんですよね。
そりゃ男性の理想としては「幸せの黄色いハンカチ」のようであっては欲しいんで
しょうが、現実はそうじゃなくて、一人ポシャれば次、今のよりいいのが出現すれ
ば乗り換え、ということの割切りや切り替えが女性は早いんですよ。現代は誘惑も
多いし、まぁ女性の方がしっかりしてるんでしょうね。

─PR─────────────────────────────────PR─
         ◇探偵・調査 探偵さんドットコム◇
           http://www.tanteisan.com/

    浮気調査・人探し・身上調査・盗聴器の調査・ストーカー対策・
    防犯カメラのことなど、お気軽にご相談ください。
    ご相談は、365日24時間無料です。
  -----------------------------------------------------------------
    京都事務所:京都府京都市北区紫竹西野山東町49-301
          TEL:075-495-0409
    大阪事務所:大阪府大阪市北区堂山町15-4-11F
          TEL:06-4709-5171
─PR─────────────────────────────────PR─

■当メールマガジンは以下のシステムを利用して、毎週1〜2回配信していますが、
諸事情によりたまに遅れることもありますので悪しからず。
□melma!  マガジンID:00164240   http://www.melma.com/
□まぐまぐ マガジンID:0000217096  http://www.mag2.com/
─────────────────────────────────────
■当メールマガジンに関するお問い合わせ、ご質問、また調査に関するご相談ご依
頼は、下記までお願いいたします。
サイト名 探偵さんドットコム
管理者  探偵さん
URL  http://www.tanteisan.com/
     http://www.tanteisan.com/magazine/index.htm
ブログ  http://tanteisan.cocolog-nifty.com/kirehasi/
MAIL info@tanteisan.com
Copyright (C) 1999-2006 tanteisan.com All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ご購読ありがとうございます ━╋


 メールマガジンのバックナンバーを見る

 このページのトップへ


presented by 探偵 京都|探偵さんドットコム

探偵 京都 浮気調査 大阪 探偵さんの報告書の切れ端

(C) 2014 探偵 京都