素行調査のご案内

探偵 京都 メニュー
京都の探偵事務所・探偵さんドットコム

素行調査(尾行や張り込み)

素行調査 探偵というと「尾行」「張り込み」を中心としたこの素行調査のことが真っ先に頭に思い浮かぶ方も多いでしょう。

この素行調査(浮気調査・不倫調査・尾行調査・張り込み調査等)は、探偵社がご依頼をお受けする仕事の中で最も需要が高い仕事の一つと言われています。

この素行調査では、例えばあなたとパートナー(配偶者、恋人など)との間での浮気、 不貞の証拠収集を行う素行調査(いわゆる浮気調査)から特定人物(離れて暮らすお子様や会社の従業員の方など)の不安・不審な行動を調べる素行調査まで、 それぞれの状況に応じ、尾行や張り込みを実施して、ご指定調査日の対象者の素行状況の一部始終を調査いたします。

また、浮気調査の場合などにおいて、調査対象者の行動パターンが一定でなく、且つ浮気の実態が必ずしも明かでない場合は、 えてして無駄な調査費用がかさみがちですが、そんな場合でも弊社ではデータ収集を事前に行い、調査対象者の行動パターンを解析後、綿密な調査計画を立てて実際の素行調査に移行するシステムをとっています。

実際の素行調査においては、必要に応じての増員、また調査スタッフや調査車両の入れ替えなども適時行い、調査の発覚を未然に防ぐ努力も怠っておりません。

さらに調査中の調査経過報告や終了時における報告も随時行い、調査対象者の素行状況を時間にそって文章と状況写真、またはビデオ映像などを添付し、詳細な報告書を作成してお渡しいたします。

素行調査の事例

素行調査の料金

こんな素行調査があります

夫(妻)の浮気や不倫の状況・証拠蒐集のための素行調査

いわゆる浮気調査です。
弊社でも一番調査の数が多いのがこの調査ですが、事前にご相談段階で、いろいろな情報をお聞きして、 高確率で証拠取集ができる調査日程をチョイスし、料金を低く抑えるために効率よく調査を行うのが弊社の特徴です。

恋人の浮気や複数交際の確認の素行調査

この調査に関しては、将来結婚するにあたって、どのような交友関係をもっているのか、ということが主目的になることが多いです。

離婚後、養育費の減額または増額にかかる素行調査

離婚協議で決めたよ育費負担について、夫側妻側双方に不満があることが多いです。

不倫相手の家族との生活状況を調査する素行調査

不倫関係というのは不安定な関係です。
不倫関係で付き合っている彼が、家族とは疎遠・不仲だというが、真実を知りたくなるものです。

別れた恋人の近況を調査する素行調査

特別な事情で婚約解消になった相手がどのような生活状況なのか、仮に生活が好転していないのであれば、 もう一度やり直したいという意味での調査になるケースが多いです。

子供のいじめに関する素行調査

ご自身のお子様からお話を聞いた段階で、もうすでに長期間にわたって、暴力的ないじめに会っていて、 一人で悩んでいたというケースもあります。

離れて暮らす子供の近況を調査する素行調査

親にとって、子供というのはいくつになっても心配の種です。
都会で暮らす子供からの連絡が途切れたり、まとまった休みに帰ってきたのが、突然、実家に帰らなくなった理由は意外な事情だったこともあります。

従業員の勤務態度の確認(勤怠状況)の素行調査

過去の調査事例でも、会社を出た営業マンが帰社するまで、一日中パチンコ店に入り浸っていたとか、別の会社でアルバイトをしていた、 異性とデートしていたなどビックリするようなシーンに出くわすことも多いです。

損害賠償請求(給与の差押)に伴う勤務先の調査

対象者が無職無収入だという申告を確認する調査です。
えてして何らかの職に就いているケースが多く見受けられます。

素行調査による従業員の情報漏えいに関する調査

対象者の交友関係・立ち寄り先を徹底的に洗うと、ライバル会社の存在が見えたりします。

損害保険金受給者の生活状況をチェックする素行調査

交通事故により働けなくなって、損害保険を受給しているが、いつ連絡しても日中は自宅には不在で、本当に自宅療養をしているのかどうかを確認します。
とんでもない保険金詐欺をはたらいているケースもあります。

テナントビル店子の営業状況を調べる素行調査

売上減少という理由で家賃滞納をしている店子の店舗は本当に売上が低迷しているのか確認したり、 常にシャッターが閉まっている開店休業状態の店舗を明け渡してほしいが、出入りの有無はどうかなど、 大家と店子のトラブル解決の糸口になることがあります。

ストーカーの特定と証拠蒐集のための素行調査

あなたの生活を脅かすストーカー被害の状況の確認と、卑劣なストーカーの正体を確認します。

FC加盟店の営業状況確認のための素行調査

売り上げが減少してロイヤリティが支払えない加盟店の営業状況は申告通りかどうかの確認。

素行調査の事例

浮気調査の事例 素行調査を実施する大きな意味は、それまで頭の中で考えていた想像、また聞きの噂、垣間見たSNSのやり取りなどの情報を、 実際に目で見える情報に置き換えることができ、その先の行動指針のベースになり得るということです。

事実は奇なりといいますが、実際に調査対象者の行動を確認すると、愕然とするような情報やなるほどと納得できる情報が手に入ることがありますので、 対象者との対人的なやり取りで埒があかない場合は、実際の状況を確認した方が話が早くなることも多くあると思います。

浮気調査(不貞の証拠収集など)

ケース1(浮気調査)

依頼者

Aさん(38才・主婦)

依頼内容

6ヶ月前から夫(40才・会社員)の浮気に気付いていて、時折、夫の携帯電話などをチェックして浮気の状況を確認していた。

当初はほんの遊びだろうと高を括っていたが、ここ1~2ヶ月の間にそれまではなかった週末の無断外泊や、 使途の不明な預金の引き出しが増え、弊社に相談の上、素行調査を依頼するに至る。

調査結果

週末の金土日に素行調査を行い、浮気相手が一人暮らしするマンションに外泊するのを証拠に収め、相手が夫と同じ勤務先の部下(27才・独身OL)であることが判明する。

後日Aさんは夫と話し合いの機会を持ち、夫は浮気相手との関係を清算することを約束したという。

ケース2(浮気調査)

依頼者

Bさん(52才・男性・自営業)

依頼内容

クレジットカードの明細書から、ここ数ヶ月の妻の買い物の多さに不信感を持ち、浮気を疑ったが、 多忙のため、自身が外出中の妻の行動をチェックすることが出来ず、「疑心暗鬼になるばかりで仕事も手に付かない」と、 ご相談の後、弊社に素行調査を依頼するに至る。

調査結果

後に判明するが、浮気相手の男性も既婚者で、お互いが相当の警戒心を持ち、巧妙な密会方法であったが、 結果的に10日間の調査の末、証拠蒐集が完了し、調停を経て夫婦は離婚に至る。

子供も独立していて、お互いさばさばとしたものだと語り、相手の男性からも慰謝料を取る。

男女交際絡み

ケース1

依頼者

Cさん(30才・独身OL)

依頼内容

10年間付き合っている彼氏(29才・会社員)がいて、ここ数年はプロポーズされるのを待っている状態であったが、 その話しを向けるたび、煮え切らない答えしか返ってこず、自身の30才の誕生日を機に、彼の素行調査について相談し、素行調査依頼に至る。

調査結果

休日を含め週末3日間の調査の結果、親密な交際をしている女性(25才・会社後輩)の存在を確認する。

さらに信用調査をした結果、二人はすでに婚約していることが判明し、彼女の実家に彼が頻繁に出入りしている事実を掴む。

ケース2

依頼者

Dさん(48才・女性・離婚歴あり・OL)

依頼内容

インターネットの結婚相談所サイトで男性会員(50才・会社役員)と知り合い、6ヶ月ほど交際したが、 隠し事が多い男性のようで、どうも相手が信用しきれず、相談の後、素行調査を依頼する。

調査結果

まずは初日の素行調査で、同居している家族(妻子)があることが発覚する。

その後、7日間調査を実施すると、続けざまに3人の別の女性と交際していることがわかり、即座に彼との音信を絶つことを決意した。

ケース3(不倫関係の清算)

依頼者

Eさん(29才・女性・独身・OL)

依頼内容

ある大手企業に勤務する所謂キャリアウーマン。会社の上司(42才)と5年間不倫関係にあり、付き合いを始めた頃から、 「今の妻と離婚して、君と結婚するからもう少し待って」と、言われ、ずるずると惰性で関係を続けてきたが、 30才を前に決断を下すべく、素行調査を依頼する。

調査結果

「妻とは家庭内別居で子供たちにも疎まれている」と、不倫相手は言っていたので、それが確認できれば、少しは精神的に安定できるかと思いきや、 実際は家庭円満で、休日には家族全員仲睦まじくワゴン車でドライブに出掛け、毎日、妻に駅と自宅の送り迎えまでしてもらい、 夫婦の表情からも明らかに家庭内別居状態ではないことが判明する。

報告書をご覧になったEさんの表情は動揺が隠せなかった。

ケース4

依頼者

Fさん(32才・男性会社員)

依頼内容

学生時代に付き合っていた元彼女のことが忘れられないでいたが、つい最近、婚約していた女性と、 ある事情で破談になり、くだんの想いが以前にも増して強まり、近況を素行調査するに至る。

調査結果

元彼女は、未婚で会社勤めをしていることが確認され、休日に出歩くことも少なく、特定の男性との付き合いは確認できなかった。

ケース5

依頼者

Gさん(25才・女性・OL)

依頼内容

半年前まで交際していた彼(25才・会社員)がいたが、その彼の浮気にカッとなり、その場の勢いで別れたことを後悔していた。

もし、他に特定の彼女がいなければヨリを戻したいと考え、素行調査を依頼する。

調査結果

3日間の調査で同棲している女性がいることが判明する。写真を確認したところ、依頼者の親友であった。

子供関係

ケース1(いじめの証拠収集)

依頼者

Hさん(35才・主婦)

依頼内容

いつも買い物に行く商店街の店主に、自分の子供(小学4年生・男児)が、「いじめを受けているのではないか」と、聞かされた。

店主の話によると、毎日5人くらいの仲間と一緒に下校しているが、いつもHさんの子供が全ての子供の荷物を持たされているという。

各家庭の保護者に話しをしに行くが相手にされないばかりか「証拠を持って来い」と逆ギレされ、素行調査の依頼に至る。

調査結果

店主の言うとおり、下校時に5人分の荷物を持たされ、Hさん宅が一番近いにもかかわらず、 全ての子供たちの家に荷物を運ばされた後に帰宅していることを確認する。

幸い金銭のトラブルや暴力には至っておらず、早い段階でいじめ被害の芽を摘むことができたようである。

ケース2

依頼者

Iさん(50才・主婦)

依頼内容

九州在住で、大阪で一人暮らしする大学4回生の娘がいた。

2回生まではお盆と正月には必ず帰省していたのに、ここ2年は実家に帰ることもなくなったため、 娘にその理由を聞くと、「お金がないから」との返事であった。

仕送りも欠かさずしているし、バイトもしていると聞くのにお金がないというのはおかしいのではと思い、素行調査を依頼するに至る。

調査結果

娘さんはほとんど大学には通うことなく、風俗店にてアルバイトをしていることが判明、送付いただいた写真からはかなり変貌した姿になっていた。

また、一人暮らしのマンションには、ヒモらしき男性が同居しており、荒れた生活状況が感じられた。Iさんに報告すると、即、実家に連れ戻すことを決意された。

会社関係

ケース1(勤怠状況)

依頼者

Jさん(60才・会社経営)

依頼内容

コピー機のリース会社を経営していた。

近年の不況のあおりもあって、なかなか営業成績は伸び悩んでいるが、 その中でも一際成績の振るわない社員が3人在職していた。

Jさん自身はリストラなどというものは、あまり感心しないが、仕事には向き不向きもある。もしもこの3人が真面目にやっていても成績が上らないのなら、 もう一度鍛え直すが、逆に不誠実な仕事振りなら退職を勧告したいと思い、素行調査依頼に至る。

調査結果

3人のうち1人は真面目に営業活動を行っていたが、残り2人は不真面目な勤務状況であった。

毎日ミーティングの後、すぐに会社を出て、隣町のパチンコ店の駐車場で2人は合流し、 開店行列に参列。昼前後まで遊戯後、1人ずつ店を出て、チョロリと営業に回ってはパチンコ店に戻るということを調査中(3日間)繰り返していた。

ケース2(情報漏洩)

依頼者

Kさん(40才・会社経営)

依頼内容

学習塾を経営していたが、半年ほど前からライバル学習塾に生徒が流れていることがわかった。

特に塾内に問題があったわけでも、生徒の成績が下がっているわけでもないのに…と思っていたところ、 以前に勤務していた講師がライバル学習塾で教鞭をとっていることが判明、この講師と仲の良かった、自身の塾に勤務している別の講師の態度が、最近になっておかしいことに気付く。

もしやと思い、相談の後、素行調査を依頼する。

調査結果

にわかに信じがたいことであったが、信用していた講師がIさんの塾の生徒名簿を持ち出していた形跡があり、 1週間の調査でライバル学習塾の経営者と会食しているのを確認する。

Iさんが本人に問い質したところ、名簿を持ち出す見返りとして、厚遇で迎え入れられる予定だったと認めたという。

ケース3(テナント関係)

依頼者

Lさん(65才・ビルオーナー)

依頼内容

テナントビルの経営をしていて、所有する物件の中で一番老朽化したビルを建て替えたいと考えていた。

テナントの店子には1年前から声を掛け、徐々に立ち退いてもらったが、最後の一軒のスナックが、 「ウチは繁盛店なので、そうやすやすと出て行けない」と、ゴネ出し、半年間交渉したが埒があかない。

要するに転居費用がなく、今の安いテナント料が魅力で、さらに立退き料をせしめる思惑があると思われるが、角は立てたくないので言い争いも避けたい。

交渉には弁護士を立てようと思うが、客観的な証拠がいるということで、同店の営業状況を調査した。

調査結果

1週間休みなく店は開店するが、7日間で来客数3人。さらに1週間延長するも、その3人が同じ曜日に顔を出すだけであった。

3ヵ月後、新築テナントビルが着工されていたので、丁重に引き払っていただいたのだろう。

素行調査の料金

浮気調査の料金 素行調査の料金はケースによって様々ですので、それぞれのご相談に応じてプランを設定しています。

調査料金が変わる大きな要因としては、対象者の移動方法と調査日程、調査の目的などがあげられますが、それらを総合し、より効率的な調査をと考えています。

1日の調査時間を5時間とした場合

1日または2日間の素行調査

基本調査体制:車両1台・調査員2名

1日5時間以内

 55,000円(税込)

延長料金

 11,000円/1時間あたり

例えば、午前8時(08:00)から調査を開始した場合、午後1時(13:00)までが5時間以内となり、それ以後、引き続き調査を続行する場合は、 1時間あたり11,000円が延長料金として加算され、08:00~15:00(7時間)の調査であれば、77,000円(税込)となり、 数は少ないですが、一番シンプルな単発の素行調査料金です。

3日以上の複数日程の素行調査

基本調査体制:車両1台、調査員2名

3日間15時間パック

 132,000円(税込)

5日間25時間パック

 220,000円(税込)

7日間35時間パック

 308,000円(税込)

10日間50時間パック

 440,000円(税込)

延長料金

 8,800円/1時間あたり

1日の調査時間を3時間とした場合

1日または2日間の素行調査

基本調査体制:車両1台・調査員2名

1日3時間以内

 44,000円(税込)

延長料金

 13,2000円/1時間あたり

3日以上の複数日程の素行調査

基本調査体制:車両1台、調査員2名

3日間9時間パック

 118,800円(税込)

5日間15時間パック

 198,000円(税込)

7日間21時間パック

 277,200円(税込)

10日間30時間パック

 396,000円(税込)

延長料金

 13,200円/1時間あたり

諸経費のご請求について

以下の費用は諸経費として別途実費でのご請求になります。

交通費

・ 調査中のガソリン代
・ 有料道路通行料金
・ バス・電車・飛行機・タクシーなどの運賃

宿泊費

遠方での出張調査や調査中の対象者が旅行に出かけた時など

上記の通り、交通費と宿泊費を経費としてご請求する場合がございますが、基本的には調査中に発生した実費のご請求ですので、 対象者の動きに合わせた上で発生した経費を実費でご請求することになります。

京都市内やその近郊で、1日の経費が数百円というような場合は、全くいただいておりませんので、それほど経費のことを気にしていただく必要はありません。

*下記の名目で経費を計上することはありません。

・ 特殊機材費
・ 報告書作成費
・ ビデオテープ代・フィルム代・写真現像費
・ 見積もりや事前連絡のない増員代
・ その他、一般的に不可解と思われるような名目での諸経費請求はいたしません。

また、調査員の移動時間(自宅から調査現場・事務所から調査現場などの通勤時間)を調査時間に算入するような調査時間の水増し行為は一切ありません。

各種探偵調査のご案内

その他のご案内

会社概要

アクセス

ご依頼の流れ

よくある質問と約束事項

調査料金のご案内

ご相談はお気軽にどうぞ!

お電話やメールでもお気軽にご相談ください!

電話で無料相談する

lineで無料相談する

メールフォームで無料相談する

メニュー一覧