盗聴器盗撮機器の発見調査のご案内

探偵 京都 メニュー
京都の探偵事務所・探偵さんドットコム

盗聴器・盗撮機器の発見調査

盗聴器・盗撮機器の発見調査 昨今、テレビや新聞紙上において「盗聴被害」「盗撮被害」などという言葉をよく見聞きします。盗聴器にしても、盗撮機器にしても、 一昔前は、プロが情報収集のために使う小道具として活躍してきましたが、この頃は、カメラ付携帯電話の普及、電化製品の小型化や性能向上などによって、 普通の電化製品を盗聴・盗撮の道具として転用することが多く見受けられます。

例えば、カメラ付携帯電話による隠し撮り事件、高性能ビデオカメラによる隠し撮りや赤外線盗撮など、私ども探偵社でも目を見張るようなものもあります。

盗聴器・盗撮機器の発見調査の事例

盗聴器・盗撮機器の発見調査の料金

盗聴器・盗撮機器の調査に関する相談事例

私どもの探偵事務所がお受けする盗聴器・盗撮機器の調査は、主に自宅か会社であることが多く、 その多くは「情報を収集されている」ことに対する懸念からご依頼されるケースで、例えば次のような不安や懸念がある場合です。

配偶者(夫または妻)が盗聴器を仕掛けている

夫(または妻)が依頼者が浮気をしていることを察知し、その情報を収集するために、自宅内や自動車の中に盗聴器を仕掛けているのではないか。

彼氏(彼女)が部屋に盗聴器を仕掛けている

彼氏(彼女)が部屋に異性を呼んでいることを懸念して、その確認のために盗聴器を仕掛けていて、 一人で部屋の中にいるのに後日部屋の中の様子について知っているかのように話しをしていた。

飲食店で働いているが盗聴器で管理されている

外国から日本の飲食店に働きにきたが、他の従業員とともに狭い相部屋に押し込まれ、仲間とともに他の店に転職しようと計画していることを店側に察知され、 飲食店マネージャーが盗聴器を仕掛けているのではないかと思う。

親族内の話しを盗聴されている

遺産相続について親族内で揉めていて、相続する者の中の誰かが盗聴器を仕掛けているようで、特定の親族にしか話していないような内容を、 他の親族が知っていたため、自宅や固定電話に盗聴器が仕掛けられているのではないか。

上司に盗聴されている

会社でリストラについていざこざがあり、上司が社員の休憩室に情報収集のために盗聴器を仕掛けているのではないか。

従業員に盗聴されている

会社で労働問題があり、様々な対処をしているが、ことごとく上手くいかないので、経営者間の情報を引き出すために従業員が盗聴器を仕掛けているのではないか。

風俗店内のサービス様子や客との会話を盗聴されている

風俗店内のサービスの様子を引き抜きや移籍を懸念して、経営者やマネージャーが従業員の管理目的のため、盗聴器をしかけているのではないか。

転居先が盗聴されている

新しいマンションに転居したが、隣人に聞くところ前の居住者が少しおかしな行動をする人物だったと聞き、盗聴器が仕掛けてられているのではないか。

新築住宅が盗聴されている

住宅を販売しているが、購入者から工事中のセキュリティーに関しての問合せがあり、万が一、盗聴器が仕掛けられていると信用問題なので、調査したい。

開発者に監視されている

周辺の土地・住宅開発に伴い、町内に地上げがあって、開発者が近隣者の動きを監視するため、盗聴器や盗撮カメラを仕掛けているのではないか。

などですが、中には若干被害妄想的な懸念もあり、すべての話しを鵜呑みにもできませんが、愉快犯的な要素がなく、 ある程度の背景がある場合は、盗聴器や盗撮機器が仕掛けられている可能性は考えられると私たちは思います。

そもそも「盗聴器」とは?

盗聴器・盗撮機器の発見調査 一般に「盗聴器」と言われるものは、通常「各種情報収集機器」と言われる機器であって、その用途によって、一般的な俗称を「盗聴器」とされていますが、 その使用目的によって様々なものが出回っています。

10年前なら一般家庭での盗聴器設置など、特定のプロによる調査目的等でしか考えられませんでしたが、 相次ぐストーカー事件や個人による夫や妻の浮気の証拠蒐集などでも頻繁に使われるようになり、また、年間何十万個とも言われる盗聴器が東京の秋葉原や大阪の日本橋、 ネット上でも極当たり前のように売買されるようになりました。

ただ、例えば室内や自動車の車内の短時間の会話を盗聴するためであれば、何も盗聴器と専用の受信機を購入する必要はなく、 ボイスレコーダーや携帯電話を利用したものなども多く出回っているので、盗聴した後の回収が難しいことがある盗聴を必ずしも仕掛けるとは限りませんので、 一般的に販売されている小型のレコーダーがにわか盗聴器に取って代わることも大いにあります。

とりわけ、夫や妻が配偶者の浮気、不貞の情報収集、証拠収集には随分とこれらの小型機器が用いられることが多くなったようで、 機械の高性能化もこのような時には一役買っているようです。

ですので、もしも今WEBサイトをご覧の方で、ご自身の身の回りに盗聴器が仕掛けられているという懸念がある方は、 電波式の専門的なものではなくて、一般的な機械でも盗聴されることがあると考えておいてください。

盗聴器を仕掛ける人物

さて、ではいったい誰が盗聴器を仕掛けるのか、ということになりますと、私たちの経験から考えると、ごく身近な方が盗聴器や盗撮機器を仕掛けることが多いようです。

なぜなら、これは関連WEBサイトにも記載していますが、部屋に侵入するとか、自動車の車内に入るとか、勤務先に出入りするなど、 盗聴器を設置するにあたってはリスクがあって、室内にしろどこにしろ、侵入しても怪しくない人=身近な人という構図になります。

まず第一は身近な方が仕掛けているという可能性を考えると、次にはどういう情報を入手することを目的とした盗聴なのかも見当がつくと思います。

盗聴器の分類

盗聴器を分類してみますと、以下の4つの分類にわかれます。

設置目的による盗聴器の分類

調査・諜報目的

探偵などのプロフェッショナルによって仕掛けられるケースが多く、ありとあらゆる手段を使って設置されたり、 市販の盗聴器以外の自作(改造)盗聴器も使われるケースも多い。

興味本位・いやがらせ

一般に市販されている電波式盗聴器が使われ、便乗受信のターゲットにもなっている。風俗店やラブホテルに仕掛けられている盗聴器の殆どがこのタイプであり、 ストーカーなどが行う盗聴行為もこれに類似する。

監視・確認 赤ちゃんの監視や自分の部屋に侵入者がいないかどうかを確認するために設置されたもので、一般に市販されている「赤ちゃん監視マイク」は電波式なので、傍受も可能である。

追跡・尾行

調査・諜報活動の一種で、主に車両に装着され、信号音を電波に乗せて飛ばすタイプ。

その他

ワイヤレスマイクの音やコードレスホンも広義(傍受するという観点から)では盗聴電波という分類に入る。

電源による盗聴器の分類

電池式

乾電池及び充電式電池

寄生式

・ 電話回線
・ 家庭用AC電源

盗聴器に必要不可欠なのは電源。その電源によって盗聴器を分類すると上記のように分かれ、「電池式」は、基本的に何処にでも設置は可能であるが、 寿命が限られているという欠点があり、長い時間の盗聴(情報収集)には使用されることはありません。

これに対して「寄生式」は、電話回線や家庭用電源(コンセント及び家電製品)から電源をとるタイプで、設置される場所は電源のあるところに限られるものの、 設置すれば半永久的に盗聴(情報収集)でき、一般に仕掛けられている盗聴器の殆どがこの寄生式タイプである。

伝達方法による分類

有線タイプ

・ 電話回線
・ 電灯式
・ その他(コンクリートマイク・ICレコーダーなど)

無線タイプ

・ 電波式発信器(アナログ・デジタル)
・ 赤外線式

レーザータイプ

相当高額で専門的な機材なので、それ相応の情報収集をする際に使用されます。

形状による盗聴器の分類

基板型

例えば置時計などに組み込む基盤式の盗聴器で、色々な家電などにも組み込んだりできます。

ボックス型

市販品はほとんどこの形です。

擬装型

・ 電源や電話系(モジュラー・ヒューズ・二叉及び三叉ソケット・延長コード、パソコンのマウス内蔵型、USBコード型など)
・ 日用品(筆記用具・カード・電卓・ぬいぐるみ・ラジカセ)

転用型

携帯電話、PHS、特定小電力トランシーバー、赤ちゃん監視マイクおよびカメラ、ワイヤレスマイク、コードレスフォン、ボイスレコーダー

特殊型

・ レーザー式盗聴器
・ コンクリートマイク
・ 集音機

現在市場に出回っている盗聴器の形状には様々なものがあって、基本的に人に気付かれずに情報収集する目的のものであるため、 「形状による分類」の「擬装型」が多く使われ、室内の会話を盗聴するには特に家庭用電源に差し込むだけの「ソケット型」や、 電話の会話を盗聴するための電話のモジュラー・ヒューズ型類は市販で多く出回っています。

これら「擬装型」と呼ばれる盗聴器は、室内に容易に侵入できるきる関係者ならワンタッチで設置できますが、案外、発見され易いという傾向にある盗聴器ということが言えます。

盗聴器の設置リスクと受信距離

次に盗聴を仕掛ける側に立って、盗聴器設置の際の「リスクと受信距離」考えてみると、前項までに述べた、 いわゆる「擬装式」の盗聴器などの電波式盗聴器は、電波を発信し、その電波を受信して初めて盗聴行為が成立しますが、この過程で二つの問題点が出て来ます。

それは盗聴器の設置と受信する距離の問題ですが、一般的な電波式盗聴器の場合、鮮明な電波の到達する距離は長くて100m(設置場所など諸条件にもよるが)と言われています。

要するに設置場所から近ければ近いほど感度も良いということですが、あまり近くで受信しても、人に気付かれる恐れがあるため、近づけない場合も多々あります。

また、家庭用電源を供給源とする盗聴器では、目的の家屋に侵入して設置することが必須条件で、電話回線を盗聴する電波式盗聴器も家屋の電話保安器や電柱の送電線に近付く必要があるので、 容易に盗聴を可能にすることはないのが実状です。

このことから、例えば室内の会話を盗聴されているとすれば、室内に侵入しても怪しくない身内の方か、 リスクを背負って室内に侵入するピッキング犯の仕業であると推測することもできますが、よほど盗聴することにメリットがないと不法侵入までして設置することは考えにくいです。

有線式発信器

このタイプの場合、電波を発信しないという特徴から、いわゆる広域レシーバーなどでの便乗盗聴や、簡易盗聴発見器などでは発見されることはありませんが、 基本的に設置する際に大掛かりな作業(家屋の改装や一部解体など)を必要とすることもあり、設置後に目視によって発見されるリスクを伴うことが多いと思います。

しかしながら、例えば建築時に設置される場合や賃貸マンションなどで、前居住者が設置して放置されたものなどは、この外でしょう。

電波式発信器(市販盗聴器)

一般に出回っている盗聴器の中で、最もポピュラーな存在で、東京では秋葉原、大阪は日本橋の電気店街や無線雑誌の通信販売、ネット販売などを通して簡単に入手が出来ます。

これらで販売されている盗聴器の周波数は以下のように、VHFとUHF帯の7つの周波数にほぼ限定されていて、市販の広域レシーバーなどでも受信でき、便乗盗聴も容易に可能です。

また、電波到達距離に多少のバラつきはあるものの、機能面においては画一的なものであるという事が言え、これらの実勢価格は1~5万円くらいのものが主流で、 形状によって価格は変わるりますが、性能そのもので価格が大きく変わる盗聴器は少ないことから考えても、ほぼ同一の性能であることが言えると思います。

市販の電波式盗聴器の周波数

《VHF帯》
 A ch 139.970MHz
 B ch 140.000MHz
 C ch 139.940MHz

《UHF帯》
 A ch 398.605MHz
 B ch 399.455MHz
 C ch 399.030MHz(400.000MHz)

よく発見されているものは、上記のような市販タイプのもので、これらは周波数が決まっています。特に最近はUHF帯のものが多く設置されているように思います。

盗撮について

盗聴器・盗撮機器の発見調査 ここ数年、カメラ付携帯電話の普及や家庭用ビデオカメラの小型高性能化で、マニアによる盗撮事件が後を絶ちません。

盗撮方法としては、カメラ付携帯電話での隠し撮りやビデオカメラをカバンやトイレの個室などに隠して盗撮する稚拙なものから、 海水浴場のトイレ丸ごとを盗撮用のセットにしたりと大掛かりなものまで様々です。

盗撮が盗聴と大きく違うところは、レンズを被写体に向けないと情報が得られないということです。 このため、いくら小型化されたといっても、有効な画像を盗撮しようと思えば、カメラの性能上、レンズを露出させるそれなりの穴や隙間が必要になってきます。 それ故、うまく隠したようでも被写体に簡単に気付かれたりして事件化しているようです。

もし仮に「盗撮されているのでは?」と感じたら、まず、盗撮されやすい場所(寝室・居間・トイレ・風呂など)の壁や天井などを点検してみてください。 不審な穴や隙間があれば、少し覗き込んでみて、レンズがないかどうか確認してみると、もしかするとカメラを発見できるかもしれません。

盗撮に使われるカメラ

盗撮に使用されるカメラとして、私どもが知りえる範囲では以下の4種類のカメラが最もポピュラーです。

カメラ付携帯電話による盗撮

このカメラでは、女性のスカートの中を盗撮したりすることが良く知られていますが、それとは別に特定の携帯電話のテレビ電話機能を改造したものが出回っています。

大きさはタバコの箱くらいの大きさで、直径2~3mm程度の穴があいていて、本棚などに仕込むことが多く、 それに外から電話をかけて、自動着信で応答し、好きな時間に目的の盗撮(監視)を行うもようです。

小型CCDカメラによる盗撮

このカメラは私どもが探偵が調査の仕事用に使うことも多いのですが、この頃は通信販売などで簡単に手に入るので、マニアの間でも人気があるようです。 目的別に形状も様々で、カード型、コイン型、ペン型など実に多くの形のものが出回っています。

このカメラも単体では、すぐにそれとわかってしまうので、盗撮目的であれば、電化製品やぬいぐるみ、靴や鞄の中に隠して使用しますが、 やはり最低でも直径2~3mmの穴か隙間が必要なので、不自然な穴が開いていれば要注意です。

最近ではこの手のカメラも1~2万円程度で簡単に手に入るようになりましたので、色々なシーンで使用されていることも多いのかなと思いますが、 ただ、画質はあまり期待できず、無線式のものは、電波の到達距離が長くて数十メートルというものが多く、 近くで画像を確認できるか、有線式のものでないと、盗撮するものの期待にこたえることはできないと思います。

家庭用ビデオカメラによる盗撮

家庭用ビデオカメラでも最近のものは小型化され、電池寿命もかなり長くなっています。小型CCDや携帯電話のものに比べると、やはり量高く、 レンズもピンホールタイプのものを装着しないと、かなりの露出になり、あまり盗撮には向かないかもしれません。

しかし、画質的に見れば、これが一番高性能ですので、秘匿性より画質を選ぶ盗撮マニアは、この家庭用ビデオカメラを盗撮に使うことが多いのではないかと思います。

ウエブカメラ(ネットワークカメラ)による盗撮

このウエブカメラ(ネットワークカメラ)による盗撮はあまり知られていませんが、恐らく今後大きく増加するのではないかと思います。

というのもウエブカメラ自体がかなり高性能化し、最大の特徴は遠隔操作が可能なことで、 難点はカメラ自体にインターネット環境が必要であるということですが、使いようによっては、かなり盗撮者を満足させるものだと思います。

主に家電製品(ステレオのスピーカー内など)の中に仕込まれることが多いと思われますが、 最近はネットカフェやスーパー銭湯、商業ビルなどで監視カメラとして使用されているのをよく見掛けます。

情報の氾濫

ここまで色々説明させていただきましたが、私どもが一番危惧しますのは、盗聴や盗撮に関する情報の氾濫です。 最近でも数年前にテレビ番組で盗聴器を取り上げた特集番組がよく放映されていますが、あれを見ると日本のあらゆるところ、 自分の周りのそこかしこに盗聴器が仕掛けられているような錯覚に陥りかねません。

確かに、年間の盗聴器の流通数や盗撮事件の件数は上っていて、最近では大阪府庁内のある部署に盗聴器が設置されていて、 新聞誌上やニュース番組で話題になりましたが、日常茶飯事としてそう簡単に盗聴や盗撮が行われるわけではありませんので、 もしもご自身の身の回りに盗聴・盗撮の可能性を疑ったときは、まず、落ち着いて、お気軽にご相談ください。

盗聴・盗撮=電波?

ご依頼者の方から最近よく「車の中の会話を録音できました」などというお話しを聞くことがあります。要するにご自身の配偶者に浮気の疑いがあって、 車を利用して、浮気相手と会っているようなので、車内の音を録音してみたというものです。

この際に使用される録音機器は、たいていの場合、ボイスレコーダーが用いられることが多く、専門の盗聴器などを使ったりすることはないようで、 家電量販店で普通に売っている汎用のボイスレコーダーをシートの下などに忍び込ませて会話を録音すると聞きます。

これって盗聴なんですが、同じようなことを部屋の中で行えば、室内を盗聴できることになります。 ただ、そのボイスレコーダーを設置して録音、で、後に回収して再生するので、タイムリーな会話は聞けませんが、 必要な音声は収集できるので、特に目的達成に対する問題はないと思われます。

実のところ「盗聴」「盗撮」と聞くと、テレビでやってるようなアンテナで電波を捕捉して探し出す無線式の盗聴器を考えておられる方が非常に多いのではないかと思いますが、 実際には前述したような電波を出さないで、目的の音声や画像を入手するということのほうが、 リスクもコストも低く抑えられますし、何より現実的な方法であることが多いように思われます。

実際に「盗聴器が仕掛けられているのではないか?」という懸念から、盗聴器盗撮機器の発見調査を依頼して、 それが調査中に見つかるのは3%程度と言われています。実のところ圧倒的に「盗聴器はない」ということが多いのに、 そのことを説明しない業者が結構多いことは一般の方にははあまり知らされていません。

また、WEBサイトなどで盗聴や盗撮のことについて触れている盗聴発見業者や探偵社の中で盗聴器の発見調査に力を入れているような業者も、 電波を出す盗聴器盗撮機器についてのリスクなどは説明していますが、電波を飛ばさないものを盗聴器とか、盗撮機器とは定義していないことが多いようです。

逆に言えば、「盗聴・盗撮=電波式機器」という印象を強く与えているような解説が多く、 そこに商売のうまみがあるのかなと思ったりします。テレビを見てても指向性の八木アンテナを振ってたら、「なんか仕事してるな」と素人目には見えますもんね。

この頃は、ボイスレコーダーや小型のムービーも大変高性能なものが安価で出回って、何も無線式の盗聴器やカメラを買わなくても十分に目的を達しえる機械が山ほどありますので、 必ずしも秋葉原などで売られている「盗聴器」や「盗撮カメラ」が仕掛けられていると思わない方がいいかもしれません。 と、いうか、アマゾンなどのECサイトでも、また巷の家電量販店にでも、情報収集機器が安価で多数並んでます。

要は使い方だと思います。

盗聴器・盗撮器発見調査の事例

盗聴器・盗撮器発見調査の料金は、調査箇所の広さに応じて変わりますので、 おおよそで結構ですので、その広さをお知らせいただければ、お問い合わせの際にお見積りもいたします。

ケース1

依頼者

Aさん(27才・独身女性・美容師)

依頼内容

3年ほど付き合いのある彼氏がいたが、この彼が嫉妬深く、留守中の行動や休日の行動などを細かく聞いてくる。

ある時期から知らないはずの知人との約束や、話したことのない仕事の愚痴などを、さも聞いていたかのように話し、盗聴されている可能性を疑い、調査を依頼する。

調査結果

コンセント内に室内盗聴器を発見。

恐らく室内で携帯電話で話す会話を聞いていたのだと思うが、発覚して逆ギレされるのが怖いので、そのまま設置しておいて欲しいとのことであった。

ケース2

依頼者

Bさん(50才・主婦)

依頼内容

ここ数年、近所で自分の噂をされていることが気になっていた。

自宅の中にカメラや盗聴器を仕掛けられ、生活状況を観察されては笑いものにされていると、半ば被害妄想であったが、用心に越したことはないと、調査を依頼する。

調査結果

盗聴器・盗撮カメラともに無し。やはり思い過ごしが度を越して、過敏になりすぎていたようである。

ケース3

依頼者

Cさん(30才・独身・ホステス)

依頼内容

クラブに勤める外国人ホステスであるが、常々から店のスタッフに監視され、プライベートで友人と買い物に行くことなどもままならない。

先輩ホステスの話しで、盗聴器で部屋の中の会話も聞かれているので、めったなことは話さないよう言われていたが、 そういわれると、おちおち眠ることもできないので、相談の上、調査を依頼する。

調査結果

電話モジュラーとコンセント内に電話盗聴器及び室内盗聴器を発見する。

Cさん始めホステス仲間も結果に愕然とするが、発覚したことが知られるのを恐れ、そのまま放置して欲しいとのことであった。

ケース4

依頼者

Dさん(65才・男性・無職)

依頼内容

地元の資産家であったが、1年前に病気で倒れ、現在も病床に伏しがちである。 倒れた当初から3人の子供が遺産相続で揉め出し、毎日代わる代わる押しかけては、様子をうかがいに来る。

中でも長男は、Cさんが弱ってから3日にあけず精力的に日参し、強い口調で他の兄弟を罵るが、 この長男には話したことのないようなことを知っているのが引っ掛かるので、念のためと、調査を依頼する。

調査結果

寝室と居間に二又ソケット型の室内盗聴器、電話保安器内にヒューズ型の盗聴器をそれぞれ発見し、全てを取り外し調査を完了する。

盗聴器・盗撮器発見調査の料金

盗聴器・盗撮器発見調査の料金は、調査箇所の広さに応じて変わりますので、 おおよそで結構ですので、その広さをお知らせいただければ、お問い合わせの際にお見積りもいたします。

~50㎡(ワンルームマンションなど)

調査時間

 約1時間

調査料金

 38,500円

50~100㎡(約30坪まで)

調査時間

 約1時間30分

調査料金

 55,000円

100~300㎡(約100坪まで)

調査時間

 約2時間

調査料金

 77,000円

300㎡~(約100坪以上・ビル1棟など)

調査時間

 約3時間以上

調査料金

 110,000円~

*なお、調査料金は消費税込みの料金です。

経費について

この調査に関しては、京都市内近郊、大阪市内近郊、滋賀県大津市内近郊においては経費は一切かかりません。その他の地域については、ご相談の上、主に実費の交通費を諸経費として別途請求となります。

各種探偵調査のご案内

その他のご案内

会社概要

アクセス

ご依頼の流れ

よくある質問と約束事項

調査料金のご案内

ご相談はお気軽にどうぞ!

お電話やメールでもお気軽にご相談ください!

電話で無料相談する

lineで無料相談する

メールフォームで無料相談する

メニュー一覧