ストーカー対策のご案内

探偵 京都 メニュー
京都の探偵事務所・探偵さんドットコム

ストーカー対策

ストーカー対策 ストーカー被害ストーカーという言葉自体は、「セクシャルハラスメント」や「ドメスティックバイオレンス」などと同じくアメリカからやってきたもので、 近年マスコミ報道を通じて広く知られる言葉ですが、 もう何十年と前からストーカー行為を行う不埒者は存在していたと言われています。

最近まで、単にそれらのストーカー行為を行う者たちを表現する言葉が無く、 嫌がらせや付きまとい行為を繰り返す輩が社会問題化しなかっただけだと思います。

故に、社会に認識されるまで様々な被害に遭ってきた被害者は、どこへも助けを求めることも出来ず、 警察の民事不介入の原則の範疇で処理され、逆に被害者に対して「隙があるからつけこまれる」とか「モテるんだからいいじゃない」などと、 まともに取り合うこともされずに、ストーカー行為だけにとどまらず、周囲の反応との二重の苦しみを味わうことが多かったといわれています。

2000年11月24日に施行された「ストーカー行為等の規制等に関する法律(以下「ストーカー規制法」)」では、 ストーキングによる被害者が、一応は犯罪被害者であると社会的にも認められたものの、まだまだ過渡期にあって、 警察などの担当者によって対応はまちまちであることは否めません。

特にストーカーの半分以上を占める元恋人や配偶者などの顔見知りや身内が、 ストーカー行為におんでいる場合は、今現在でも内輪揉め程度のものと判断されて、取り合ってもらえない事例が後を絶たないと聞きます。

ストーカー対策の事例の事例

ストーカー対策の料金

8つのストーカー行為

現在、「ストーカー規制法」が規制する対象は、いわゆる「つきまとい等」と「ストーカー行為」についてですが、 同一の者に対し「つきまとい等」を繰り返して行うことを「ストーカー行為」と規定し、さらに「つきまとい等」については8つの行為を規定しています。

つきまとい・待ち伏せ・押しかけ

つきまとい、待ち伏せし、進路に立ちふさがり、住居、勤務先、学校その他その通常所在する場所(以下「住居等」という。)の付近において見張りをし、 又は住居等に押し掛けること。

監視していると告げる行為

その行動を監視していると思わせるような事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。 例えば、「今日はAさんと一緒に銀座で食事をしていましたね」と、口頭・電話や電子メール等で連絡する(「告げる」)ことや、 自転車の前カゴにメモを置いておくなどする(「知り得る状態に置く」)ことをいいます。

面会・交際の要求

面会、交際その他の義務のないことを行うことを要求すること。例えば、拒否しているにもかかわらず、 面会や交際、復縁又は贈り物を受け取るよう要求することがこれにあたります。

乱暴な言動

著しく粗野又は乱暴な言動をすること。例えば、大声で「バカヤロー」と粗野な言葉を浴びせることや、 家の前でクラクションを鳴らすことなどはこれにあたります。

無言電話、連続した電話、ファクシミリ

電話をかけて何も告げず、又は拒まれたにもかかわらず、連続して、電話をかけ若しくはファクシミリ装置を用いて送信すること。 例えば、無言電話をかけることや、拒否しているにもかかわらず、短時間に何度も電話をかけたりFAXを送り付けることがこれにあたります。

汚物などの送付

汚物、動物の死体その他の著しく不快又は嫌悪の情を催させるような物を送付し、又はその知り得る状態に置くこと。 例えば、汚物や動物の死体など、不愉快や嫌悪感を与えるものを自宅や職場に送り付けることがこれにあたります。

名誉を傷つける

その名誉を害する事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。 例えば、中傷したり名誉を傷つけるような内容を告げたり文書などを届けることがこれにあたります。

性的しゅう恥心の侵害

その性的しゅう恥心を害する事項を告げ若しくはその知り得る状態に置き、又はその性的しゅう恥心を害する文書、 図画その他の物を送付し若しくはその知り得る状態に置くこと。例えば、わいせつな写真などを、自宅に送り付けたり、電 話や手紙で卑劣な言葉を告げて辱めようとすることなどがこれにあたり、 最近ニュースによくなる「リベンジポルノ」というのもこれにあたります。

ストーカーへの対処法

では、これらのストーキング行為を認知した場合、どのような対処法を取ればいいのか具体的な対処法を提案します。

最初にはっきりと拒絶の意思を示す

まず、ご自身に対して迷惑だと思うことをされていることに気づいたら、その段階で直ちに止めて欲しいと冷静に相手に伝えることでしょう。

ストーカーは自分の行為によって、相手が何らかの反応を示すことで自分が相手に影響を与えていると認識し、相手を支配していると思えれば満足します。

怒りや興奮した感情をストーカーにぶつけることはさらなるストーカー行為に発展するとも考えられますので、冷静且つ事務的に対処すべきでしょう。

一切無視する

前の段階ではっきりと拒絶する意思を示しても、なおさらにストーキング行為を続けるときは、 いくらストーカーが挑発してきても、その挑発にのってはいけませんし、その行為がエスカレートしても無視し続けます。

動揺したり感情をあらわにすると、それでストーカーは喜びを感じるのです。勇気を持って、冷静に無視し続け、 一方で電話番号を変えるとか部屋の鍵を付け替えるなどの対策をこうじるべきでしょう。

証拠を残しておく

確かにストーカーが残していった痕跡などを残しておくなどと言うことはあまり気持ちのいいものではありません。 しかしながら、現状の軽いストーキング行為がいついかなるときに大きな被害へと発展しかねないものです。

そうなった場合に備え、相手に送りつけられた手紙やプレゼント、また、相手からのいやがらせ電話の記録を克明に記録し、被害状況を実証しましょう。

警察に届ける

早い段階で警察に届けることは、後々のためには必要なことでしょう。しかし、必ずしも警察が助けてくれるとは限りませんが、 近年はストーカー事件が殺人事件にまで発展するケースも増加傾向にありますので、以前より厳しく対応するようになっています。

まず第一段階として被害を知ってもらうために届けておく必要があるでしょう。

証拠収集の重要性

昨今(平成24年3月現在)起きた、いわゆる長崎ストーカー事件では、被害者家族が被害届の申請を警察にたらい回しにされたり、 別の事件で手が込んでいるからという理由で先延ばしにされたなどという事実も明るみになっているということは、 以前よりはストーカー被害については積極的に対処しているとは言っても、5年ほど前とあまり変わってないのかなという印象を受けます。

これは恐らく、被害届を申請しても半分は差し迫った危機がないと判断されたり、 思い過ごしとか被害妄想的な相談だと解釈されたりすることが多いのだろうと思うのですが、 当初の相談時点で、何がしかのストーカー被害の証拠があれば、当然真実味も増しますし、何より被害を届ける具体的な根拠になり得ることから、 証拠収集がなにより大事なのではないかと考えます。

ですので、暴力を受ければ診断書、電話や面会での暴言、脅迫などは録音録画、器物を破損破壊されれば写真やビデオで記録して残しておくことも大切ですし、 これまでの同様の被害を見聞きしましても、その被害の規模がどんどん大きくなってエスカレートしていくようですので、 ご自身の身辺の被害が取り返しのつかない程大きくなる前に、収集した証拠を用意して、被害の届と一緒に警察署の方に提出して、相談することだと思います。

実際、ストーカー被害の渦中にいて、冷静に証拠収集できることはないかもしれませんが、その際は、気兼ねなくご相談くだされば、 少しでもお力になれるよう協力させていただきます。

ストーカー対策の事例

ストーカー対策に係る料金は以下の通りですが、案件個々によって対策方法が変わってきますので、詳細はお電話やメールでお問い合わせください。

ケース1

依頼者

Aさん(30才・男性・既婚・会社員)

依頼内容

1ヶ月前から無言電話に悩まされていた。当初はAさんが帰宅した時間帯から3~4時間にわたり、 10回程度のものであったが、ここ1週間ほどは、妻が子供と家にいる昼間にも頻繁に無言電話が入るようになり、 自宅マンションへの投石が確認されたという。

実のところAさんには不倫関係にあった女性がいて、被害の1ヶ月前にAさんの勝手な都合で別れたが、 恐らくその女性が恨みに思い、行為におよんでいるのではないかと考えていた。妻にも促され、相談の後、調査を依頼する。

調査結果

自宅において投石の証拠映像をビデオ収録に成功し、映像を確認してみると、投石は男性の仕業であった。 その容姿に特徴があり、Aさんに確認してもらうが心当たりはないという。

妻に確認したところ、思い当たる人物がいるようではあるが、気まずい雰囲気なので、翌日Aさんには内緒で妻に訊ねてみると、 妻の不倫相手の男性だということであった。同男性に事情を聞き、ストーカー行為をやめるよう促すと素直に応じ、 無言電話もなくなり調査は終了する。

ケース2

依頼者

AさんBさん(40才・主婦)

依頼内容

娘(17才)が変な中年男性につきまとわれて困っていると相談があり、調査を開始する。

調査結果

調査2日目の朝、自宅を出るBさんの娘さんを尾行する男性の姿を確認、登校まで確認する。 また、その男性は下校時も娘を尾行し、塾に立ち寄ると、周辺で待機、終了後、自宅までをさらに尾行し、 娘の部屋の灯りが点灯すると、現場から引き上げたため、男性の自宅を確認する。

翌日再び娘の尾行を始め、登校したところで男性に声を掛け、事情を聞くと、娘が中学の時に通っていた塾の講師であることが判明。 二度とストーカー行為を繰り返さないことを約束し、調査を終了する。

ストーカー対策の料金

ストーカー対策に係る料金は以下の通りですが、案件個々によって対策方法が変わってきますので、詳細はお電話やメールでお問い合わせください。

被害確認・証拠収集・人物特定

1日8時間

 80,000円~

1週間50時間

 440,000円~

身辺警護・周辺警戒

1日8時間

 80,000円~

監視カメラ設置と映像分析

1週間

 110,000円~

*監視カメラの設置に関して

監視カメラの設置料金に関しては、設置期間や台数によって料金が変わります。 また、長期間の設置が必要な際は格安販売もしておりますので、詳細はご相談下さい。

各種探偵調査のご案内

その他のご案内

会社概要

アクセス

ご依頼の流れ

よくある質問と約束事項

調査料金のご案内

ご相談はお気軽にどうぞ!

お電話やメールでもお気軽にご相談ください!

電話で無料相談する

lineで無料相談する

メールフォームで無料相談する

メニュー一覧